住宅を購入する費用について

住宅購入したい!

マイホームが欲しい!住宅を購入したい!そんな時あなたは何から準備しますか?
おそらく、その多くの人は「住宅購入の資金を貯める」ことを考えると思います。
一番準備に時間と手間がかかるのは、その資金の準備ではないでしょうか。

では、実際に住宅を購入しようと思った時、いくらぐらいのお金が必要になるか、皆さんはご存じですか?住宅そのものを購入するためのお金はもちろんですが、それ以外にも実はいろいろ費用がかかってきます。下記にて、その例をご紹介します。

●頭金
購入する物件の20%の金額が相当額です。
頭金なしで購入できるケースもあるようですが、後の月々の支払いが長くなったり大きくなったりしますので、頭金は払っておくほうが賢明でです。

●仲介手数料(売主の不動産屋等から直接購入する場合はかかりません。)

●住宅ローン借り入れのための融資手数料や、印紙税、担保の火災保険料など。

●土地や建物の登記費用など。

●修繕積立基金、不動産所得税など

●引越し業者への費用など

●新居に入れる家具の購入費用

こうやって実際にあげてみると、多くの諸経費がかかることがわかりますね。事前にいくらぐらいが必要になるか、準備するお金を計算しておく必要があります。また、子どもの教育費など、いざという支出もありますから、できれば諸経費以外にも、100万円以上は余裕を持って手元に置いて置けるようにしたほうが良いと思います。

入居した後からは、毎月の住宅ローンの支払いがありますが、こういった景気の状況を考えると、支払いはボーナス払いがないものにすることも大切です。将来を見据えた資金の準備・計画が非常に重要になってきます。

住宅購入時のポイントとは
住宅を購入しよう思うと、事前に考えなくてはいけないことが沢山ありますね。
例えば、購入する際の金額、月々支払うローンの金額であったり、新築または中古住宅にするか、立地条件は・・・などと、具体的にあげてみても、大変多くの条件を検討しなくてはいけないと想像がつきますね。では、住宅を購入するために、どういった点に注目すべきか、ポイントを整理して考えていきましょう。

■購入金額や月々支払うローンの額
住宅を購入するとき、多くの人は住宅ローンを組みますが、まず自分が支払える金額を明確にする必要があります。頭金は当然ですし、購入する際にかかる諸経費、そして、毎月ローンで返済しなくてはいけない金額と、何年間に渡ってローンを支払うのか、その金額を明らかにすることが重要です。そして、無理なく支払える予算で物件を選ばなくてはいけません。

■新築住宅にするか、中古住宅にするか
新築は全てよさそうに感じますが、アレルギーのある人には、シックハウス問題は避けて通れません。壁紙の接着剤など、事前に確認する必要があります。
中古住宅なら、築年数は重要です。リフォームが何年後に必要になるかなどにも意識して検討しましょう。

■マンションか一戸建てか
マンションの方が、管理が楽という場合もありますし、子どもがいるから一戸建てにこだわる、という場合もあります。

■立地条件は
家族に子どもがいる人は、通う学校がどこか、どのくらい離れているかはしっかりチェックしましょう。家の近くに学校があるから大丈夫、と思っていても、学校区が異なる場合もあり、注意が必要です。また、病院や交通の便、スーパーまでの距離も要チェックです。